リバウンドを克服してダイエット成功!リバウンドからのダイエット成功法

ダイエット

ダイエットには成功したけど、すぐリバウンドしてしまう・・・

「なんとかリバウンドしないようにできないかなぁ?」

 

そんなあなたの悩みを解決します。

 

*本記事の内容

・リバウンドのメカニズム
・リバウンドからのダイエット成功法

 

ダイエット ⇔ リバウンド の繰り返しで正直うんざりしていませんか?

そんなあなたはリバウンドの特性を理解することで、ダイエット成功率が各段に上がります。

では中身を見ていきましょう!

スポンサーリンク

リバウンドとは

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。

カリフォルニア大学の研究で、なんと『60%以上は5年以内にリバウンドする』との研究報告があります。

リバウンドのメカニズム

ダイエット停滞期に挫折することにより、最初より体重を増やしてしまう結果となっているのが大半です。もう一つは無理なダイエットや、正しくないダイエットをすることによるリバウンドです。

ホメオスタシス

人間の身体は外的な変化に対して、現状を維持しようとする働きがあり、これを「ホメオスタシス」といいます。

例えば、体内の塩分濃度を維持するために、水分量を調整したりします。同様に、体重変化に対しても変化させないような働きをする訳です。

ダイエット開始当初は順調に体重が減っていくのですが、ある時を境に停滞する場面が出てきます。その時はまさにホメオスタシスな状態の可能性が高いです。

ホメオスタシスはダイエット中の摂取する少ないエネルギーに合わせて、現状を維持するため省エネモードになります。

のままダイエットを頑張れればいいのですが、ここで通常の食事に戻した時にはまだ省エネモードが解除されていないので、余分なエネルギーを脂肪として蓄積してしまうのです。それにより、リバウンドを起こしてしまいます。

レプチンの減少

レプチンというホルモンは脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌され、満腹中枢に刺激を与えることで食べ過ぎを防ぎます。

ダイエット中で食事の量が減っていると、通常レプチンの分泌量も減ります。

ダイエットを途中で止めて通常の食事に戻したとしても、レプチンの量はダイエット前の量にはすぐには戻らないため、多めに食べてしまうことから太ってしまいます。

こちらも今度は食事の量を増やしたくないというホメオスタシスが逆に効いているのでしょうね。

筋肉量の減少

極端なダイエットにより、脂肪だけでなく筋肉も落としてしまい、基礎代謝が下がっているパターン。鳥のササミなど高たんぱくな肉を食べ、筋肉量の減少を食い止めましょう。決して、単品ダイエット等でバランスの欠いた食事とならないようにしましょう。

リバウンドからのダイエット成功法

リバウンドのメカニズムが理解できたなら、後はそれを発生させないよう逆に行動するだけです。

現在、あなたはダイエット当初より脂肪を多く蓄えている状態です。

ホメオスタシス対策

失敗時は急激に変化させようとしたから、強くホメオスタシスが働いているはずです。ですから、今回は徐々に変化させる必要があります。

具体的には、少しずつ段階的に摂取するエネルギー量を減らしてホメオスタシスを発生させないよう落差を小さくしていきます。

↓下記ダイエット体験談です。参考にしてください。


 

心理的にも少しずつのダイエットなので、仮に停滞期が来ても焦ることはなくなります。

レプチンの減少

少しずつ段階的にダイエットをするのであれば、あなたは停滞期でダイエットをあきらめてないはずです。

ですから、この項目はもう関係ありませんね。

筋肉量の減少

極端なダイエットを行わないのであれば、筋肉量も落ちることはないです。鳥のササミなど高たんぱくな肉を普通に食べて、引きこもらない程度にウォーキングをしておけば十分と思います。

 

ゆっくり着実にダイエットを行っていけばいいと思います。

きっと、明るい未来が待っているはず!

頑張れ!!

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうござました。m(_ _)m

『興味がある方は是非、本記事と関連するサイトもチェックしてみてくださいね』

◇食事のサポートに


夜ふかしさんのためのダイエットサプリ

ダイエット
スポンサーリンク
案内人をフォローする
理想の形に一歩近づけるブログ