ダイエットを成功に導く置き換え方法とは?おすすめの置き換え商品も紹介

ダイエット食材

「置き換えを上手に使ってダイエットできない?」

 

そんなあたなの悩みを解決します。

 

*本記事の内容

・ダイエットを成功に導く置き換え方法とは?
・ダイエットスタイルに合わせた置き換えと人気のおすすめ商品

 

食事でのダイエットはメニューを考え、作るのに非常に手間が掛かるので、そんな気持ちになるのも理解できます。

そこで、置き換えを上手く使ったダイエットの仕方とダイエットスタイルに合わせた置き換えについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットを成功に導く置き換え方法とは?

ダイエットをするにあたり、手軽に置き換えれる代表としてはドリンクが挙げられます。

そういう訳で、ここではドリンクの置き換え効果を最大限に発揮させるための方法について以下にまとめてみました。

ドリンクの置き換え効果を最大限に発揮させる方法

日中に置き換えはしない

・朝に置き換えを行うと、栄養不足で体内時計が狂う可能性がある

身体が動き出す朝にしっかりとバランスよく栄養補給することがとくにダイエットには重要です。

置き換えは栄養に配慮されているとはいえ、全ての栄養をサポートできる完璧な食品ではないめ、栄養のバランスに注意しましょう。

極端な栄養の偏りは、朝を抜いたのと同じになってしまいます。

参考↓

・日中に置き換えを行うと空腹に苛まれるので、睡眠前の夜が有利

日中にドリンクによる置き換えを行うと空腹感との戦いになります。

空腹感は仕事、家事、勉強の妨げとなり、結果効率も落ちてしまいます。昼から夜までは7時間位で、夕食から睡眠までは4時間位ですから、夕食を置き換えた方がストレスも少なくなります。

 

■全食置き換えしない

・置き換えはあくまでダイエットのサポート

置き換えを主にすると栄養が偏り、結果身体自体を壊してしまいます。そうすると、ダイエットどころではないですよね?1食を目処に健康的にダイエットしていきましょう。

注意点を守って、置き換えダイエットを成功させましょう!

ダイエットスタイルに合わせた置き換えと人気のおすすめ商品

ダイエットスタイルにも色々あると思いますが、スタイルに合わせておすすめの置き換え方法が変わってきます。スタイル別に大きく分けて3つとなります。

栄養バランスを考えながら健康的にダイエットするスタイル: 酵素系の置き換え
②満腹感を得ながらラクにダイエットするスタイル: 食物繊維系の置き換え
③筋肉を維持したままダイエットするスタイル: プロテイン系の置き換え

酵素系の置き換えおすすめ

酵素系を選ぶポイントとしては、酵素が生きているかがポイントです。

酵素は48度以上で加熱すると死滅します。そして、国内ではドリンク状態で販売する場合には加熱殺菌が義務付けられているため、残念ながら酵素が死滅しています。

では、酵素を死滅させない方法はないのか?という発想になりますが、方法はあります。

フリーズドライ加工法により加熱処理されることなく粉末状にされた生酵素をドリンクに混ぜるいう方法です。

↓がそれを実現可能とする商品です。

でも、せっかく粉末がカプセルに入っているので、そのまま自分の好きなドリンクと一緒に飲んだ方がいいかもしれませんね。どうしても混ぜたいなら・・・止めませんw

食物繊維系の置き換えおすすめ

食物繊維はきのこや海藻などから積極的に摂取する必要がありますが、毎日摂取するのが難しいのが現状ではないでしょうか?

そこで、おすすめしたいのが↓の商品です。


「えん麦(ばく)」はまだまだ馴染みのない素材ですが、実は「オートミール」として食されている「オーツ麦」のことで、米国タイム誌では、「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばています。

こちらは自分の好きなドリンクに混ぜて使える粉末状のタイプです。何よりいいのは、水溶性と不溶性繊維の比率が1:2のベストバランスで配合されていることです。

ベストバランスで配合されているため、できるだけ腸の通過時間を短くし、体内に毒素が溜まるのを防いでくれます。また、血糖値の急上昇を抑えたり、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果が高くすることが期待できます。

また、牛乳やヨーグルト、自分の好きなドリンク等に混ぜて飲めるのが楽でいいですね。

プロテイン系の置き換えおすすめ

プロテイン系でやっかいなのが、アレルギーです。

プロテインは主に牛乳を原料とするホエイプロテイン、カゼインプロテインと大豆を原料とするソイプロテインが大半です。

それらに対してアレルギーがある人が結構いるため、誰もが摂取できるように日本人なじみのある米を原料に作られたのが↓のプロテインです。

女性の引き締めサポート micoco 玄米プロテイン

玄米をベースに、ビタミン、 ミネラル、コエンザイムQ10などの成分をプラスして、ダイエットに有効に働くよう研究されています。た、香ばしくあっさりした甘さで、美味しく食べれるように工夫されています。

 

以上、3つのスタイル別におすすめの置き換えを商品を紹介してきましたが、これら3つに共通するのは原材料がオーガニック材料を使っている、品質検査で材料の品質が維持されているということです。

基本自分で食材を選んで自炊するのが信頼性が高いですが、出所がはっきりしている置き換え商品であれば健康を害することなくよい置き換えとなると思います。

 

以上、ダイエットを成功に導く置き換え方法とは?でした。