【知識】ダイエットに効果的な断食方法とは?

ダイエット

「ダイエットに効果的な断食方法を知りたい!」

そんなあなたの悩みを解決します。

 

*本記事の内容

・断食期間
・断食失敗によるリバウンド
・断食の方法

断食、横文字ではファスティングといいますね。

完全断食は、1日に糖質量を150g以下(いわゆる低糖質ダイエットの限度摂取量)とし、カロリーも300kcal以下で行うのが一般的です。

一方、30~40代の成人女性でほとんど体を動かすことがない人の必要カロリーは、1800kcal程度ですから、いきなりこれをやり始めるのは非常に厳しいとわかるはずです。

では、どう断食を取り入れて上手にダイエットしていくかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

ダイエットで人気の断食について

ず、断食するとどういう効果があるかについて見ていきましょう。

断食の効果は主に以下の2つがあります。

デトックス効果

断食を行うと肝臓に蓄えられたグリコーゲンが使われていきます。

↓以下参考記事です。

グリコーゲンがなくなると、次に脂肪を分解してエネルギーに変えていきます。その過程で脂肪に蓄えられた有害金属(水銀、アルミ等)も併せて排出するので、デトックス効果が期待できます。

血糖値の安定化

太っている人は糖質が多く出回っている日常生活の中で、甘いもの頻繁に食べてきているはずです。

そうすると、インスリンの分泌が上手くコントロールできずに血糖値の変動が激しく、エネルギーを脂肪に蓄えようとする身体になっています。

断食は意図的に飢餓状態を作り出し、血糖値を安定化させます。

それを継続できると、低血糖状態でも体脂肪を上手にエネルギーに変えて、血糖値を安定化できるようになります。これを”糖新生”といいます。

ダイエット成功には断食前後の準備も必要

糖新生に切り替わるには、完全断食を実施してから約3日完全断食を実施してから約3日と言われています。

これは、体内のグリコーゲンを使い切るのに約3日かかるためです。

この3日間も非常に辛い期間ですが、準備期間と回復期間も実は必要であり、その間は食事を管理する必要があるのはご存知でしょうか?

まず、準備期間についてですが、主に食べ過ぎを是正したり、栄養バランスの取れた食事を約1か月実施します。

これを実施しないと、急激な断食に身体がついていけず、吐き気が止まらなくなります。

回復期間においては、食事量を少しずつ増やしていく必要があり、断食と同じ期間必要だとか、1週間必要といった様々な意見があり、詳細は専門機関に相談するとよいです。

断食に失敗すると逆ダイエット状態に

断食を失敗して、リバウンドを発生させてしまうのは、断食中はもちろん回復期に我慢できずに食べてしまったり、回復期に食べてはいけないタンパク質や糖質(専門機関によって異なる)を食べたことによるためです。

完全断食は断食、断食前後の期間、断食全体を通しての食事の管理等、いかに断食を成功させるために制約が多いかがおわかりいただけたでしょうか?

正直このような管理ができる、強い意志があるなら、最初から太ってないと思いませんか?

3大欲に挙げられる食欲ですから、力任せに抑えこむより、上手に付き合っていくことがいいのではないでしょうか?

いつも書いていますが、何事も極端にやることが続かないことの原因なので、少し断食することをおすすめします。少し断食するとは、部分断食です。

初心者なら部分断食でダイエット

いわゆるプチ断食。3食の内1食のみ断食することです。

時間は掛かりますが、1食のみなら断食の難易度も下がるので、挫折することは少なくなると思います。

なお、おすすめは夕食を断食することです。朝を抜くと体内時計が狂い、肥満を促進させる要因となります。

↓以下参考記事です。

部分断食ダイエット前の準備

部分断食前にもいわゆる準備期間が有効です。いきなり食事を抜くのではなく、減らすステップを間に挟んだ方が失敗を少なくすることができます。

減らすステップとして、置き換えが有効かと思いますので、詳細はおすすめの置き換えについての記事を参考にしてください↓

 

以上、ダイエットに効果的な断食方法とは?でした。