【体験談】ある男のダイエット!食事制限のみで痩せた方法とは?

男のダイエット

「男性向けのダイエット方法を知りたい!」

「何かと忙しいので運動せずに食事だけで痩せたい!」

男がダイエットする理由としては、10~30代でしたら異性にモテたい、40代~は純粋に健康のため、場合によっては命に関わるため早急に痩せなければならないといったことかもしれませんね。

では早速ですが、その痩せる方法について結論を言います。

ズバリ ”糖質を制限する” です。

男性と女性、年代別に必要な摂取カロリーや栄養素の重要性は変わってくると思いますので、多少のアレンジは必要ですが、今回紹介する体験談を参考にして目標を達成していただきたいと思います。

スポンサーリンク

ある男のダイエット!食事制限のみで脂肪燃焼(筋トレ等なし)

ある男(案内人)の実績があるダイエット方法についてご紹介します。

ズバリ ”糖質を制限する” 食事制限にて、気付いたら脂肪が燃焼して、ダイエットに成功していました。

半年で体重が63→56kgとなり、▲11%減のダイエットとなりました。因みに、当方スペックとしては当時30代後半で身長は約170cmです。

100→93kgの7kgと63→56kgの7kgダイエットとでは、63→56kgの方が難しいのは感覚的にもおわかりになるのではないのでしょうか?

ある男のダイエット成功ポイントはカロリー制限より糖質制限

ダイエット成功のためには、摂取カロリー以上にカロリーを消費させれば痩せれるとのカロリー神話が長い間受け継がれていますが、

最新のハーバードメディカルスクールのデヴィッド・ラドウィグ教授の研究によると、

”カロリー制限によるダイエット効果は疑わしい”との見解が出されています。

その一方で、ある男はご飯をたくさん食べると仕事中眠くなるので、ごはんの量を茶碗1杯から0.7杯に減らすこと半年、、、体重が7kg減った事実がありました。

カロリーの視点で見てみると、減らした茶碗0.3杯分のご飯は角砂糖4個分相当で約50kcalぐらいです。減らした分の50kcalは豚肉15g食べてしまえば、効果が余裕で消えてしまう値であり、実際減らした分以上のカロリーは摂取していたと思います。

自らの体験談からもカロリーより糖質が体重増減に対して影響が大きそうだと感じました。

ラドウィグ教授の研究と自らの体験談の2つの事実をまとめてみると、カロリーより糖質制限がダイエット成功のキーであるといえそうです。

ある男のダイエット用脂肪燃焼食事レシピ

食事改善前

毎回食事内容は違いますが、頻度が比較的多かったパターンです。

*食事内容

・朝:卵かけごはん、食パン1枚、シリアル のいずれか +フルーツ
・昼:ごはん、から揚げ、味噌汁
・夜:ごはん、もずく、野菜沢山味噌汁、炒め物 or 焼き魚
・食後:アイスクリーム

朝なんかは、どれを選んでも糖質というダイエットという意味ではよろしくないレパートリーでした。朝は時間がないので、どうしても手を抜いてしまっていました。

昼は社員食堂で定食だったり、ごはんと自分の好きなおかずを組み合わせることが可能なのですが、いつも慣れ親しんだから揚げを中心に、味噌汁とごはんに走ってしまいました。野菜が少ないので、健康にはあまり良くないと言えます。

夜だけは、野菜とタンパク質をバランスよく、非常に健康的な食事だったと言えます。

上記の内容を約3年間続けた結果、58→63kgに増量しました。

後ほど、改善後の食事内容について書きますが、そもそもダイエットを意識して食事を見直したつもりはありませんでした。

その頃、とくに昼食ですが、たくさん食べると午後眠くなり、仕事の効率が落ちていました。それを改善するため、昼食の食事量を減らすことから始まりました。

減らした結果、血液が胃に集中するのを防げたのか眠気がなくなり、午後の仕事も捗ったのを記憶しています。そして、もう一つのメリットとして気付けば脂肪燃焼するためのダイエットになっていたというわけです。

食事改善後(脂肪燃焼用レシピ)

*食事内容

・朝:卵かけごはん(茶碗7割の小盛)、食パン1枚、シリアル のいずれか
・昼:ごはん(茶碗7割の小盛)、から揚げ(気持ち増量)、味噌汁
・夜:ごはん(茶碗7割の小盛)、もずく、野菜味噌汁、炒め物 or 焼き魚(気持ち増量)
・食後:アイスクリーム

食事内容は毎回上記とぴったり同じかというと違いますが、頻度が比較的多かったパターンです。飲み会で食べ過ぎたりした日もありましたけど、概ねこんな感じです。

上記の内容を約半年続けた結果、63→56kgで▲7kgの減量となりました。56kgは、非常に健康的に生活できていた20代の頃のベスト体重に近いです。

因みに、半年経った今も継続中ですが、体重は56kgでリバウンドもなく現状維持中です。

ポイント1:糖質を制限した

改善前からの変化点としては、ごはんの量を減らしたことです。

ごはんの量を減少させた分、おかずの量を気持ち増量しバランスを取ってます。なお、トータルカロリーは変化してないと思います。

振り返ってみると、糖質を制限を実施するに際して、非常に苦しい思いをしたのかというと全くそんなことはありませんでした。

なぜかと考えてみると、人は口からだけでなく五感をフルに使って満腹感を得ますので、茶碗に多少ご飯が少なくても錯覚で思った程量が少ないと思わなかったのもポイントだったかもしれません。是非、錯覚作戦を試してみてください。

ポイント2:スイーツは食後すぐに食べた

夕食後にアイスクリームを結構な割合で食べてましたが、問題なかったです。ポイントは、食後すぐに食べたのが良かったと思います。

ごはんで血糖値をすでに上げている所にアイスクリームの糖分がやってきたので、血糖値を急激に上げることなく、脂肪に栄養を蓄えることを防いでいたんですね。

また、食後すぐにアイスクリームを食べたことで、血糖値の上昇回数を1回に抑えたこともよかったと思います。

食後に間隔を空けてスイーツを食べると、せっかく下がった血糖値がまた上がってしまうことになり、脂肪を蓄えるチャンスを増やしてしまうことになりますからね。

ポイント3:フルーツを食べなかった

もう一つフルーツを食べなかったことも結果としてよかったことです。もともとリンゴしか食べなかった私ですが、その時期なぜかリンゴすら欲しなくなっていたんですね。

フルーツは身体にいいと、野菜と共に健康神話には欠かせない題材です。ですが、野菜が低糖で栄養価が非常に高いのに対して、果物は果糖と水と若干の食物繊維とで構成されているだけです。

そして、果糖が非常にやっかいなものなのです。果糖は体内脂肪を増やすだけでなく、たんぱく質や脂肪と違って摂取後に食欲を抑える効果がないんですね。

ですから実際は、砂糖タップリのペットボトル炭酸飲料を飲む方が満足感を得られるため、フルーツ食べるより摂取量が少なくてすむというオチもあるわけです。

具体例で言うと、”みかん”がありますね。冬というシチュエーションにみかんが合わさるともう食欲が止まらないという負のスパイラル開始です。まさに、果糖が原因だったんです。

その他、果糖はコラーゲンと結びつくと有害な終末糖化産物(AGE)を生成し、肌のしわの要因や動脈も老化させます。

さらに、果糖は腸内の悪玉菌が好んで食べるため、悪玉菌の繁殖に一役買ってしまいます。悪玉菌の中には尿酸を生成する菌もおり、結石や肥満につきものの痛風の要因にもなります。

カリフォルニア大学のラスティグ教授によると、毎日少量の果糖を摂取するだけでも実は脳や身体に良くないとの見解で、果糖は最大でも1日25gまでが望ましいとのこと。

因みに25gとは、りんご2個分ぐらいです。

今まで信じていたフルーツが、実は身体に良くなかったというまさかの展開ですが、これを機にフルーツとの関わりを見直した方がいいでしょう。

男性用ダイエットレシピ(糖質、脂肪、カロリー等)を考えるのが面倒な時は

仕事から疲れた体で帰ってきて、糖質制限食を考えるのはなかなか骨が折れます。その上、作るとなるとストレスが溜まる一方です。

これを数週間続けるとなると、もうダイエット諦めようかとなる人もいるのではないでしょうか?

そこで、おすすめなのが宅食を活用することです。


 

宅食はダイエット用食事レシピをあらかじめプロの手で再現し、その上宅配してくれるサービスです。レンジでチンするだけで終わりなので、忙しい方は時間の大幅節約になると思いますよ。私も実際に試してみて、ムダな時間が省けて大助かりしました。

ある男のダイエット!食事以外に気を付けていたことは?

運動

気になる運動についてですが、全く運動と言っていいものはしていません。唯一していると言えるのは通勤時の往復徒歩45分のみです。

なぜ積極的にやっていなかったのかというと、カロリー視点では相当激しい運動を頑張っても、おにぎり1個分にもならないからです。

ムダとはいいませんが、食事に比べて効果が小さいです。

入浴

◇ポイント
身体を洗う→(入浴1回目)→頭を軽く洗う→(入浴2回目)→頭を本気で洗う→(入浴3回目)

これは都度、身体を洗うことで体温が下がりそうになったら、すぐに入浴しなおして体幹温度を上げにいくことをしていました。作業を分割することで体温を維持して、新陳代謝を高めていたことになります。

睡眠

就寝12時過ぎ、起床6時でした。

因みに、枕はテンピュールで、マットレスは東洋紡のエアブレスを使用していました。とくに東洋紡のエアブレスを高反発で浮いている感じが神がかっていて気持ちよく熟睡できます。

就寝時間はもう少し早く寝たかったですが、帰宅が遅くここはあまり良い状態とはいえなかったです。

全体はこんな感じでした。

他に気付いた点があったら、また追記していきます。

ある男がダイエットしてよかったと思ったこと

何より体が軽い

▲7kgはやはりでかいです。

通勤途中に角度約10度、長さ100mの地獄の坂があるのですが、以前なら登り切った後は脚に疲労が溜まり、呼吸はぜーぜーで、水平の道でも回復するまで超スローペースとなっていました。

それに対して、ある男性のダイエット後は登り切った後もスローペースになることなく、そのまま水平移動できちゃいます。

また、身体が重く感じている時には、正直あまり動きたくなくなってました。しかし、ダイエットが進むにつれて、動くことが苦でなくなります。

ウォーキングはダイエットの維持という意味でも重要ですが、身体全身に血液を巡らせ、身体の隅々の老廃物を循環させるという意味でも重要です。

そんなウォーキングを気持ち良くできるので、ダイエットは健康な身体作りをする上でもおすすめです。

痩せてた頃の服を着れる

とくにダイエットして助かったと思ったのは、冠婚葬祭用の服が着れたことでした。

冠婚葬祭用の礼服は普段着ることはないですよね。ですから普段、太ったら着れなくなることを意識して生活はしていないはずです。

で、いざイベントがあった時に礼服を出して着てみると、着れないことに気付くわけです。ある男性の場合は、気付いた後どうしたかというと親から借りて何とかその時はしのぎました。

そういうわけで、太った時に何が起こるかを考えながら生活した方がよいです。

ムダな出費が抑えられる

ダイエット成功してから半年が過ぎようとしていますが、56kgを変わらずキープできています。56kgを維持していることから、これが自分の適性体重なんでしょうね。

”ダイエット成功後の詳細”はコチラ↓

【続】ある男のダイエット!食事制限のみで▲7kg減量した後は?
ある男のスペックは、年齢40歳、身長約170cmである。 そのある男は、半年前に63→56kg(▲11%減)のダイエットに成功しました。 そして、あれから約半年が経とうとしている。 果たしてリバウンドはしていないの...

キープできている理由を考えてみると、ある男性はひとえに食生活パターンの習慣化に成功しているからだと思います。

食生活のパターンは以下です。

*食生活のパターン
 ・朝、昼、夜は食べる
 ・間食は食べない
 ・ジュースは飲まない
 ・デザート食べる場合は食後すぐに
 ・寝る3時間前までに夕食を食べる

かつて、ある男性は間食やジュースを仕事の合間に好きな時に食べたり、飲んだりしていましたが、今は一切していません。

やめてから1週間は、食べたり、飲んだりしたかったのですが、1週間を越えると慣れとは怖いもので、全く食べたいと思わなくなります。

その結果、ダラダラと仕事の合間に食べたり、飲んだりしていたことがなくなり、ダイエットできて健康的になったし、ムダな出費も抑えられたので、一石二鳥でしたね。

若返った

ある男性は全く気付かなかったのですが、ダイエットした後に、初見の人との会話で実年齢と見た目とのギャップに驚かれる確率が高くなりました。つまり若返ったということです。

具体的には、初見の人との飲み会の席で年齢の話になるのですが、当方30代後半に対して30代前半に見えると数人から言われます。

これは嬉しい誤算でしたね。ダイエットは単に体重を減らすというだけでなく、健康的な体作りを助けて、若返り効果もあったんでしょう。

人は見た目で9割を判断するとの研究結果が出されていますが、今ままでその見た目で損をしていたなら非常にもったいないです。なぜなら、未来をちょっとしたダイエットの努力で変えられることができるのだから。

ある男のダイエット!食事制限のみで痩せた方法とは?まとめ

正直難しいことはしていません。

普段習慣的にやることにちょっとアレンジを加えた程度でダイエットのつもりもなかったですから、ストレスも当然ありません。やはりストレスがない方が長続きできると思いました。

また、時間は掛かりましたが、ほぼ食事のみで運動を積極的にしなくても痩せれることを自ら証明した形となりました。運動を加えたら、もう少しダイエットのペースが上がったかもしれませんね。

運動を加えた時のダイエット効果の実験をやりたいところですが、今のところ太る予定がないため期待しないでくださいw

ある男が、これまでの体験談をもとに色々書いてきましたが、もう一つ新たに体験談を加えさせてもらいたいと思います。それは長らく苦しめられてきたある数値が改善したことです。

LDLコレステロール値が改善

その数値とは”LDLコレステロール値(通称、悪玉コレステロール)”です。

基準値は60~119でして、ダイエット前は137でオーバーしていました。

因みに、LDLコレステロール値が高いと何が起きるかというと、それが血管壁に入り込んで、コブのような動脈硬化を作ります。そして、動脈硬化が進展すると、心筋梗塞・狭心症や脳卒中になることがあります。

そして、適正体重となった今その数値はなんと117の基準値以内となりました。正直このLDL異常は3年以上に渡ってある男を不安にさせていました。

この値を改善すべく、当初はネバネバしたものが良いという話から、納豆やもずくを気付いたら食べるようにしてましたが、この値に変化はありませんでした。

しかしながら今回、糖質制限により適正体重に戻した結果、LDLも改善されたというわけです。これは嬉しい誤算でした。

適正体重でないというだけで、様々なリスクが発生する人間の身体は本当に奥が深いですね。まだまだ先が長い人生、適正体重でないならダイエットで健康な身体作りを行っておくべきだと思いました。

かつての自信を取り戻した

そして、もう一つ言っておかなければならないことがあります。

それは、かつて自信があった頃のような自信に満ち溢れている感覚を取り戻したということです。これはどういう意味かというと、太っていた自分に自信がなく、痩せて見た目がよくなったので、人から変に見られなくて済むという話ではないです。

痩せて健康的になった → 身体が健康で気持ちも晴れやかになった → 気持ちが晴れやかだと脳も活性化されて、仕事のスピードが上がった → 仕事が上手く回り、関係者に喜ばれた → 結果、かつての自信を取り戻した

なぜ、ダイエットで仕事が回るようになったかを分析してみると、恐らくこういうことかなぁと勝手に考えてみます。

太っていた時は、ムダな脂肪にエネルギーや酵素の消費が回されて脳の回転が遅くなり、仕事が上手く回らなかった。しかし、痩せたことでエネルギーや酵素適正な場所で適正な量使用されたことで、脳がベストな力を発揮し、仕事が上手く回るようになった。

結果、回りの評価が高くなることで自分の存在意義を認識でき、自信を取り戻すことができた。

こんな感じです。

まとめると、ダイエットで見た目が良くなるだけでなく、健康な身体を得ることで脳が活性化し、あらゆることが好転し始めるということでしょう。

併せて、”ダイエットで挫折しないための心理”も人気です↓

【シンプル】男がダイエットで挫折しないための作戦
モテるためにダイエットするぞ!と意気込んだものの、すぐに挫折してしまう 正直、ダイエットできないことよりも何度も挫折する自分が嫌になってきてませんか? 今回は、挫折せずにとくに男がダイエッ...

男がダイエットに取り組んで損しない理由

先程話した通り、残念ながら人は見た目で9割を判断します。

ここで、ビジネス先進国のアメリカの話をしてみたいと思います。

『アメリカでは肥満は仕事ができない』とみなされます。見苦しいという負の感情から決めつけている面も多分にありますが、人間は感情で動く生き物です。ですから、どうしようもないです。

”ダイエット一つで仕事が判断される話”はコチラ↓

【19年度最新】男の人生がダイエット一つで変わる理由とは?
周りで仕事のできる人を思い浮かべてください。 それは会社の人、テレビによく出ている社長の人でもいいです。 思い浮かべたら彼らの共通点を考えてみてください。 内面的なことでは、知識が豊富である、機転が利く、気配り...

そして、その感情を正当化するかのような理屈があることも事実です。

その理屈とは、”自己管理できていない肥満が他人を管理できる訳がない”という理屈です。

会社という組織の中では1人でできる仕事は限られており、周りに仕事をお願いするという場面が多々あります。周りに仕事をお願いするということは、その後に進捗確認とフォローが発生するわけで、他人の管理が必須です。

そのような中で、太っている人に”しっかりチームや部下を管理できますから任せてください”と言われても説得力ありませんよね。

アメリカの話ではありますが、ビジネスで密接な日本も同じと考えていいと思います。

というわけで、実際の世の中は残酷ながらそのようになっているのです。

あなたの中身は正直わかりませんが、見た目で間違った判断をされて、知らぬ間にあなたの人生があらぬ方向に導かれていたとしたら腹立たしいと思いませんか?

正直、一人一人に自分がこういう人間だと説いて回ってもいいですが、あなたの人生は忙しく、そんな暇はないはずです。

だったら、やるべきことは相手を変えることより自分が変わること。

以上、ある男のダイエット!食事制限のみで痩せた方法とは?でした。

 

”見た目と仕事を一刻も早く好転させるためのアイテム”はコチラ↓

【救世主】ダイエット用食事レシピをもう考えなくいい理由:NOSH
「ダイエットも辛いし、ダイエット用の食事レシピを考えるのも辛い・・・」 そんなあたなの悩みを解決できるかもしれません。 *本記事の内容 ・ダイエット用食事レシピは人気のNOSHにお任せ ・ダイエット用食事お試し結果 ...