【18年度最新】ダイエット一つで男の人生が変わる理由とは?

ダイエット

周りで仕事のできる人を思い浮かべてください。

それは会社の人、テレビによく出ている社長の人でもいいです。

思い浮かべたら彼らの共通点を考えてみてください。

 

内面的なことでは、知識が豊富である、機転が利く、気配りが上手等その辺が挙がってくるのではないでしょうか?

では外見はどうでしょうか?

彼らに共通するのは、見た目がスマートであることではありませんか?

スポンサーリンク

ダイエットを軽視する男の結末

ビジネス先進国のアメリカの話をしましょう。

非常に厳しいですが、「アメリカでは肥満は仕事ができない」と思われています。人は見た目が9割との研究成果もあり、見苦しいという負の感情から決めつけているという理由も一つにあります。しかし、その理由よりももっと理にかなった理由があります。

それは、”自己管理できていない肥満が他人を管理できる訳がない”という理屈です。

会社という組織の中では1人でできる仕事は限られており、周りに仕事をお願いするという場面が多々あります。周りに仕事をお願いするということは、その後に進捗確認とフォローが発生するわけで、他人の管理が必須です。

そのような中で、太っている人に”しっかりチームや部下を管理できますから任せてください”と豪語されても少し心配になってしまします。

アメリカの話ではありますが、ビジネスで密接な日本において基本同じと考えていいでしょう。

太っている人がどう見られているかの視点で話を展開しましたが、では一方で仕事ができる人はダイエットについてはどう考えているのか、こちらもアメリカを事例に見ていきましょう。

ダイエットを前向きに捉えることができる男の考え方

アメリカの高所得者層は、ほとんどがスマートな体型です。肥満体型の高所得者層は一昔前の話です。

彼らは、「ダイエットできると仕事も上手く回るようになる」と考えています。

その理由は、ダイエットすることで活力が増し、自信がみなぎるようになる。その結果、前向きになり、発言も流暢になり、説得力も増すからです。

彼らは、自分がどう見られるかということに加えて、自分が変わったら未来がどう変わるのかという未来志向も持ち合わせた上で、ダイエットをすべきだと考えているわけですね。

上昇志向がない人にとっては、”たかがダイエット”、この事実をまっすぐ受け取った人なら、”されどダイエット”と意識が少し変わったかもしれませんね。

男がダイエットするメリットをまとめて意識を高める

ここでダイエットのメリットについてまとめていこうと思います。

なぜまとめるかというと、メリットがたくさんあって見えるようになっていると、それだけモチベーションが上がるからです。

では見ていきましょう。

<他人視点>

自己管理ができないと思われない

これは今まで書いてきたことですね。

普通に痩せている分には、少なくとも見た目で自己管理ができないやつだと思われないでしょう。これでまだみんなと同じスタートラインに立った段階です。肥満の人はまず、このレベルに到達して、負のイメージを払拭しましょう。

ではもう一段階話を進めて、さらに頭一つ抜けだすためにはどうしたらいいでしょうか?

結論から言いますと、見た目でわかる程の筋肉をつけることです。

見た目でわかるというのがポイントで、飲み会や休憩時間など会話のきっかけになります。見た目でわかる程の筋肉をつけることは、非常に手間と時間が掛かります。ですから、普通に痩せている状態を維持しているという努力を遥かに越えるわけです。つまり、”かなり自己管理できるやつ”と思われるのです。

周りを見渡してみてどうですか?

そのようなレベルの人はほとんどいないはずです。ですから、相手にかなり自己管理できるやつと思わせたいなら見た目でわかる程の筋肉をつけるべきなのです。

恋愛の対象になる

何度も言いますが、残念ながら人は見た目が9割です。

見た目が良くなくても、努力で補える部分は最大限努力すべきです。

その最たるものが、服装ですね。普段は制服、スーツ姿でほとんど差をつけにくい状態ですが、プライベートで会うことになった場合、服装のチョイスによってイメージが大きく変わるはずです。

普段、学校や会社でいまいちパッとしないやつがオシャレな服装できたら、”一瞬おっ”となるはずです。”一瞬おっ”となった瞬間、あなたは彼に一目置いたはずです。

ダイエットは、条件によってはその威力が数倍になったものと考えていいでしょう。条件によってはというのは、会う頻度です。

ダイエットは短期で劇的に変化を望めるものではないと思います(短期で劇的に変化している状態は恐らく健康を犠牲にしているはず)。毎日の努力の積み重ねで、少しずつ変化するものだと周りの人も感覚的に思っているのではないでしょうか?ですから、ここではダイエットは少しずつという前提で話します。

ダイエットは少しずつという前提ならば、毎日顔を会わせるなら、その変化は短期では正直伝わりにくいでしょう。逆に、月単位で会うレベルなら変化が伝わりやすく威力は相当なものになるはずです。

変化つまりギャップに人はどうしても注目してしまうものです。恋愛対象になるには、まず注目されないと話にならないので、そういう意味ではダイエットはよい手段になりうるはずです。

因みに、毎日顔を会わせる場合は短期で伝わりにくいと書きましたが、どういうことかというと、変化が少ないため、周りの人も半信半疑だからです。本当に痩せたかどうか確信が持てない状態がしばらく続いて、「何か最近痩せたんじゃないですか?」と質問してきて発覚するパターンですね。最終的に努力のできる人ということは伝わりますが、インパクトを与えるという意味ではちょっと弱い感じがします。努力のできる人ということを伝えるだけでもまずはよしですかね。

公共機関におけるスペース問題が解決する

定番の満員電車や座席の領土問題。そして、エレベーター等の閉空間での相手に与える圧迫感がなくなります。

電車の座席問題なんかは、はがゆいですね。

肥満の人は1人で1.5人分使ってるわけですから、そこに新たに座ろうにも座れない状態で、無駄に0.5人分空いている状態がなんとも微妙な空気を流しています。

そして、普通の人が座っていて、肥満の人が横に座ることで、普通の人が0.5人分に肉弾プレスされるという公開処刑も切なさが漂います。

意外と本人は気付いていないけど、周りは不快な状態になっているところを何度も目撃しています。痩せることも重要ですが、周りがどう感じているかを気付こうとする努力も重要です。

<自己視点>

何より体が軽い

肥満の人は一度位置を固定したら、もう動きたくないはず。しかし、ダイエットが進むにつれて、椅子から立ち上がって歩くのが苦でなくなります。

ウォーキングはダイエットの維持という意味でも重要ですが、身体全身に血液を巡らせ、身体の隅々の老廃物を循環させるという意味でも重要です。そんなウォーキングを気持ち良くできるので、ダイエットは健康な身体作りをする上でもおすすめです。

服の選択肢が増える

太っていたことで選択肢が狭まり、実はオシャレな服を着たいけど着れない状態の人が多くいるのではないでしょうか?それはサイズ的なものでもあり、「太っている俺がこんなカッコいい服を着ていいのだろうか」という自信のなさから来るものもあるでしょう。

それもダイエットで解決します。

ムダな出費が抑えられる

ダイエットをするためには、何らかの食事制限があります。その食事制限とは、ムダなものは食べないということでしょう。具体的には、お菓子を食べない、ジュースを飲まないといった糖質を制限するのが効果的です。

慣れをは怖いもので、1週間我慢するとお菓子を食べたい、ジュースを飲みたいといった欲望がなくなります。その結果、ダイエットできて健康的になるし、ムダな出費も抑えられるので、一石二鳥でしょう。

若返る

ダイエットすると、もう一つ嬉しい効果として、若返り効果があります。

肥満時は概ね過食傾向にあり、過食時には活性酸素が多く発生します。活性酸素は老化を早めることがわかっており、運動不足や睡眠不足、ストレスによっても発生します。

ダイエット中は当然食事制限を意識しているはずなので、過食という観点からは活性酸素も少なくなる傾向にあります。ただし、無理したダイエットは過剰なストレスを発生させるために、逆に活性酸素が多くなってしまう可能性がありますので、上手くストレスフリーとなる方法を見つけておくことも必要です。

実際私も体験したのですが、ダイエットした後に、初見の人との会話で実年齢と見た目とのギャップに驚かれる確率が高くなりました。つまり若返ったということです。

詳しくは↓の記事を見てくださいね。

ダイエット一つで男の人生が変わる理由とは?まとめ

今ままで見た目で損をしていたなら非常にもったいないです。

ダイエットは未来すら変える可能性を秘めていることがわかったと思います。

体重が減ると自信が持て、自分を変えるきっかけになります。なぜなら、ダイエットは自己管理の塊で、ちょっとでも油断するとリバウンドで元の体重に元通りです。そのような難しい管理をできるわけですから、あらゆる難しい状況が発生しても、その自信がきっと問題を解決してくれるはずです。

そして、今まで見えなかった景色が見えることになるはずです。その景色があなたを一段と高いステージに引き上げることを祈ってます。

自分が変われるのはもうすぐですね。痩せるの楽しみですね。

 

以上、ダイエット一つで男の人生が変わる理由とは?でした。

ダイエット
スポンサーリンク
案内人をフォローする
理想の形に一歩近づけるブログ