【考察】ダイエットに失敗する人は一体何が悪いのかを考えてみた

ダイエット

ダイエットに失敗するのは、周りのせいではありません。全てあなたの責任です。

きっちり毎日食事管理を実施していますか? しっかり睡眠を取っていますか? ちゃんと適度な運動を実施していますか? まずは、そこから思考をリセットする必要があります。

でも、毎日継続できないのも分かります。仕事や子育てで何かと忙しいですからね。

 

忙しい中でもダイエットを進めたい、進めなくてはいけない事情があり、実際問題、忙しさとダイエット推進との板挟み状態なのではないでしょうか?

では、それらを両立できる術があったとしたら嬉しくありませんか?

スポンサーリンク

ダイエットに失敗する人は、忙しいを言い訳にしていないか?

”忙しいなら、忙しくしなければいい” そんな当たり前のことを言われても・・・って感じだと思いますが、当たり前のことが固定観念により、抜け落ちてしまっていませんか?

1日は24時間と決まっていて、それは有名企業の社長だろうが、一般人だろうが変わりはありません。でも成功する人は決まって時間の使い方が上手く、1日が26時間、いや30時間あるかのように多くのことをこなします。

では、彼らの特長は何なのでしょうか?

やらなくていいことを決めている

彼らは、仕事を大きく4つの領域に分けています。緊急性と重要性という2つの軸で4つの領域に分けているのです。その4つとは、

①すぐにでもやらないと悪影響が出ること

②緊急性は高いがその中身については単純なこと

③後回しでもいいけど重要なこと

④今やらなくても死なないこと です。

時間がない人は、仕事を分類せずに何でもやってしまいがちです。

①すぐにでもやらないと悪影響が出ることは、自分しか知らない知識や固有スキルでしか対応できないのが基本です。分かりやすい事例としては、人間国宝の仕事を考えればいいでしょうね。人間国宝の人は、その人でしかできないスキルを使って工芸品を毎日作っています。毎日工芸品を作って売らないといけないのは、売らないとお金を稼げず、生活に支障をきたすためです。

では、②緊急性は高いがその中身については単純なことについてはどうでしょうか?例えば、10分後の会議までに書類をコピーしてすぐ用意することなんてまさにそれです。10分後ですから、非常に切羽詰まっている状態です。でも、やることはコピーを取る作業で非常に単純な作業です。

続いて、③後回しでもいいけど重要なことについてです。具体的な事例としては、受験勉強なんてまさにそれでしょう。別に今すぐにやらなくてはいけないわけではないですが、後々やってなかったら希望の学校に入れず、人生をも左右しかねない事案です。もっと○○しておけばよかったと後悔するものは、全てこの領域のものです。

最後に、④今やらなくても死なないことです。テレビをぼーっと見るなんてそうかもしれませんね。別に緊急でもないし、重要でもないです。まさに暇つぶし。

で、本題です。

ズバリできる人は、②緊急性は高いがその中身については単純なこと④今やらなくても死なないことをやりません。できる人は時間が貴重で、取り返しがつかないことがわかっています。ですから、④の生産性のないものは当然やりません。

そして、ポイントは②の扱いです。できる人は、②を他人に任せます。つまり、②を外注化することで時間を捻出し、その捻出した時間で自分磨きを行い、自分の価値を高めることに専念しているのです。

これをダイエット視点で考えてみると、まずダイエットは食事管理が重要だ。食事管理をするためには、まず食材を買いにいかなければいけない。買った後は献立を考えて、調理を行い、そしてようやく食事にありつける。

次に、ダイエットには最低限必要な睡眠時間がある。睡眠時間を確保するためには、日中の仕事や家事を手早く終えて寝なければいけない。そして、適度な運動時間を確保することもやることは同じです。

これらを解決して、自分を磨くための時間を確保するために、できる人のやり方を真似するのがダイエット成功の近道です。

とくに手間のかかる食事準備をなくす方法については↓がおすすめです。

やることの密度が濃い

できる人は、やることの密度が濃いです。

では、密度を高めるために彼らはどういう工夫をしているのでしょうか?

彼らの仕事っぷりを見ていると、仕事の重要度に応じて仕事のやり方を分けています。

まず重要な仕事は、集中できる時間帯を選んで仕事をしているということです。朝型の人は朝に実施し、夜型の人は夜に行うなど工夫をしています。また、集中力をなくさないために、外部からの連絡手段(メール、電話)から距離を置いています。

また、どうしても人に振れない雑務は並行作業で行っているということです。

ダイエットに失敗する人は、○○しながら食べてないか?

○○しながらの○○をちょっと思い浮かべてみてください。

 

どうでしょう?

一杯出てきますね。例えば、テレビを見ながら、漫画を読みながら、インターネットしながら、ゲームしながら、音楽聞きながら などなどありますね。これらに共通することは、受け身状態にあるということです。

受け身状態で且つ意識は一つのことに向いている状態です。そこに別の動作を加えると、新たに加えた動作は審査なしで全て受け入れてしまう状態です。

これをダイエットに置き換えるともうお分かりですね。受け身状態に食べるという行為が加わるとムダに食べてしまうということがおきます。

ですから、受け身状態になってしまう状況では、近くに食べ物をセッティングするとヤバいといことになります。

そうなっていませんか?

ダイエットに失敗する人は、アクティブな趣味を持っているか?

アクティブな趣味とは、ランニングとかテニスとか運動のことを言っているのではありません。

自発的に考えて行動する趣味のことです。ですから、絵を描く、音楽を作るようなインドアなものでもアクティブな趣味とここでは位置付けます。

アクティブな趣味をやっていると、集中力を発揮する場面が多々あります。それが究極まで行われるといわゆる”フロー状態”に入ります。物事に集中して作業していると、他の作業ができなくなります。

ダイエット視点でみると、何かアクティブな趣味を持っているとそれだけ食べるという行為から距離を置くことができ、ムダ食いを減らすことができます。

ですから、何かアクティブな趣味を持つことはダイエットをする上で有利になると言えます。

 

以上、ダイエットに失敗する人は一体何が悪いのかを考えてみた でした。