食事とダイエットの関係:食事を抜くと時間がずれてダイエットの妨げとなる!?

ダイエット

食事を抜いても単純にダイエットになるわけではなさそうです・・・。

『何でなの?』

 

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

*本記事の内容

・食事タイミングが体内時計を制御する
・食事を抜くことによる体内時計への影響
・体内時計をリセットする食材

 

食事を抜けばカロリーが減るからダイエットになると単純に考えてはいけません。健康にダイエットできないばかりでなく、夜型化を進めてしまい病気の要因にもなります。

食事タイミングや断食とダイエットの関係について説明していきます。

スポンサーリンク

食事タイミングが体内時計を制御する

時間栄養科学研究会を主催されている早稲田大学:柴田重信教授によると、

時計遺伝子の発見以来、体内時計の研究は盛んになってきており、医療における治療にも投薬時刻の重要性が認識されるようになってきたそうです。

そのような中、エネルギーや栄養の吸収・代謝にかかわるものが近年多数発見されており、体内に取り込まれて生体と相互作用が働く食物・栄養においても薬と同様に、摂取時刻やタイミングといった「時間栄養学」の発想が重要になってきます。

ダイエットするにあたり、食事のタイミングが重要であることが読み取れると思います。

食事を抜くことによる体内時計への影響

人の体内時計は24時間より長く、毎朝日光を浴びることでリセットしていることは有名です。さらに食事と体内時計との関係を明らかにすべく、マウスを使った研究成果を基にした科学的な推察で以下のことがわかってきました。

大きく3つあります。

・朝食だけ食べると体内時計は少し早くなる
・昼食だけでは変化はしない
夕食だけ食べると約3時間遅れた

まとめると、朝食を抜くと体内時計の夜型化の大きな要因となることがわかります。

肥満は体内時計を狂わす

肥満になると肝臓や脂肪の体内時計が弱くなり、時計遺伝子のメリハリが無くなります。

具体的には、普段寝ているはずの時間に起きるようになり、行動レベルでもメリハリが無くなります。さらに、体内時計の周期が延びてしまい、そのマウスは普通のマウスより早く肥満になることがわかったようです。

肥満はさらに肥満を促進していまうという悪循環があるという訳です。

体内時計をリセットする食材

体内時計は朝一に合わせてリセットする必要があります。

リセットする方法としては、朝食にリセットするための食材を摂取することで対応可能です。具体的には以下の栄養素になります。

でんぷん

朝食にじゃがいも、トウモロコシ、お米から作ったでんぷんを与えたところ、体内時計の時刻を強くリセットすることがわかったようです。中でも消化・吸収が早いほうが体内時計リセットに効果的らしく、お米が体内時計リセットに効果的だそうです。

魚も体内時計リセットには効果があるようです。インスリン分泌を促進するホルモンのインクレチンは、魚の油に含まれるDHA、EPAより影響を受けて分泌を促進することが分かっており、朝ご飯に焼き魚やツナサンドを食べることは理にかなっていることかもしれません。

朝のカフェイン

このほか、体内時計を調節する栄養素としてはカフェインがあります。朝のカフェイン摂取は体内時計に大きな影響を与えないのに対し、夕方のカフェイン摂取は体内時計の時刻を大きく遅らせてしまう効果があったとのこと。人でも同じ傾向がみられたようです。

柑橘類

シークワーサーやカボス、ポンカンなどのかんきつ系植物に多く含まれる、”ノビレチン”もまた時計遺伝子のメリハリ(1日の変動)を高めてくれる作用があるそうです。その他、抗肥満効果をもつことやアルツハイマー病にも効果があったとの報告もあります。

 

以上、時間栄養学から考えるダイエットに最適な食事の仕方についてでした。

「出典元:毎日新聞 医療プレミア」

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうござました。m(_ _)m

『興味がある方は是非、本記事と関連するサイトもチェックしてみてくださいね』

◇体内時計の調整サポートに
302個分のシークヮーサーを丸ごと凝縮!青切りシークヮーサー100プレミアム

クノーラ