【納得】男のダイエットこそまず顔からやるべき理由とは?

男のダイエット

嫌でも一番目につくのが顔です。

そんな顔が、二重あごになってたるんでいたり、ぽっちゃりし過ぎて身体全体のバランスを崩しているようなら、第一印象で損してしまいます。

「気持ちでカバーするから大丈夫」

「中身を見てくれる人を探すから関係ない」

そのような意見もありますが、なかなか上手くいかないのが現状ではないでしょうか?

なんせ、人は見た目が9割と言われるくらいですから。

では、顔がスリムになり、これからの貴重な出会いをムダにならなくなる方法があるとしたらどうでしょう?

間違いなくやりたいと思うはずです。

スポンサーリンク

男のダイエットこそまず顔からやるべき理由とは?

ダイエットも腰、お腹周り、太股といった部分的なものから、全身に掛けてのダイエットと多岐に渡ります。

そのような中、手っ取り早く見てくれを良くするという意味では顔からやるのが効率が良いです。

なぜなら、顔は服装でごまかせない範囲だからです。

顔を隠す手段としてマスクもありますが、四六時中付けるのも難しい話です。できたとしても冬限定になりがちです。

では、顔のダイエットを行うとしてどのような方法があるのか、気を付けなければいけないことと併せて紹介していきます。

※あらゆる男のダイエット成功テクニックを学びたいあなたは、最初に【ゆる~く】食事だけで7kg減量したアラフォー男のダイエット方法まとめをご覧下さい。

男の顔ダイエット3つの方法

ズバリ、正しく食べる、運動する、寝るです。そして、それと並行して顔を部分的に攻めるです。

そして、ポイントはそれらを正しく行うこと。考え方としては、正しく食べる、運動する、寝ることで顔と身体のバランスを崩さず、顔を含めた身体全体としてダイエットを行います。

そして、とくに気になる顔を並行して重点的にダイエットを行うということです。

なお、正しい食事制限だけでも実際63→56kg減量に成功した実績があり、顔も明らかに痩せました。その詳細は別の話なので最後に載せますね。

ではまず、正しく食べる、運動する、寝るからです。

正しく食べる

ダイエットの基本となるのが食事です。

食事は3大欲求の一つなわけで、満足感を得るために極力量を減らしたくないはずです。

では、量を減らさずに満足感を得るためにはどうすればよいでしょうか?

その方法をお教えします。

ズバリ、食事の構成や順番を変えることです。

ポイント1.炭水化物を減らして、タンパク質を増やす

具体的には、普段食べている茶碗1杯のごはんを7割ぐらいに減らしましょう。そして、その分肉、魚、大豆などのタンパク質を増やします。

ごはんは炭水化物、つまり最終的に糖質になります。糖質は脂肪を蓄える要因となりますので、これを抑えることがダイエットのキーとなります。

ポイント2.炭水化物を最後に食べる

脂肪を体に蓄えてしまうメカニズムは、血糖値が急上昇することによるインスリン大量分泌のためです。

逆に言えば、血糖値を緩やかに上げてあげれば太らないということです。

そのための、栄養素の食べる順番としては、

食物繊維(野菜、キノコ類)→ タンパク質(肉、魚、大豆)→ 炭水化物(ごはん)

です。

これだけ守るだけでも全然違います。

ポイント3.食事時間を制約する

人間と同じ哺乳類のマウスによるある実験があります。

1日の食事時間を12時間以内に抑えたマウスと、とくに時間制約を設けなかったマウスとで同じ食事を与えた結果、時間制約を設けなかったマウスのみ肥満になりました。

12時間以内に抑えるとは、朝7時に食事するなら、夕食は7時に済ませるということです。つまり、この時間内に朝、昼、夕食を食べれば太り難くなるということです。

具体的な実例としては、芸能人の倖田來未さんがいます。スリムな体型を維持できている倖田來未さんは、夜18時以降は一切食べないことを徹底しているそうです。

私も土日はほぼ夜18時までに食べ終えて、体重55kgを半年以上キープしています。

食事に関しては、まずは以上の3つのポイントを抑えて1ヵ月実施してみてください。明らかに体つきが変わってくると思います。

では、次に運動です。

シンプルな運動を行う

おすすめの運動とは、正しい姿勢を維持することと呼吸法です。運動とまでとはいかないですね。非常にシンプルですが、体に結構来ます。

正しい姿勢とは、操り人形のように、頭を上から糸で吊り上げられているイメージでまっすぐ立ち、壁に背中が付けるイメージです。

次に呼吸法ですが、約10秒かけてゆっくりと息を吸い込み、続いて肺に溜まった空気を全て出し切るイメージで、約10秒かけて少しずつ息を吐き出します。これをひたすら繰り返します。

詳細は以下にありますので参考ください↓
仕事中や空き時間にできるダイエットに効果的な運動

そして、最後に睡眠です。

睡眠をコントロールする

質の良い睡眠は、代謝に関わる成長ホルモンや脂肪や糖質を分解するコルチゾールが分泌されやすくなります。

では、成長ホルモンやコルチゾールを分泌させやすくする睡眠をとるにはどうすればいいかというと、0時前に熟睡に入り、明け方まで眠ることです。

そうすることで、0時から3時に分泌される成長ホルモンの分泌を止めずにかつ、成長ホルモンと入れ替わる形で3時から明け方まではコルチゾールを分泌させれるからです。

睡眠時間としてはそれらの時間帯をカバーできる7時間が理想ですね。

以上、正しく食べる、運動する、寝るです。

正直、ストイックな人でないとできないレベルの話ではなかったと思います。まずこれらをしっかり行うことで、身体全体の脂肪を落としていきます。当然、顔のぽっちゃりも改善していくはずです。

次に、顔を集中的にダイエットするのに注意すべきことをやり方を含めて紹介します。

男の顔ダイエット時に注意すべきこと

顔がぽっちゃりする理由は、①むくみ、②筋肉の衰え の2つです。

その3つを以下にコントロールするかがポイントです。

むくみ対策

そもそもむくみの症状は細胞と細胞の下に水分が溜まっていることが原因で、リンパの流れが悪くなって老廃物が溜まっている状態です。

顔がむくんでいるかどうか判断する方法として、顔を指で押してみるなり、つまんでみるなりして、顔の戻りが遅ければむくみと思っていいでしょう。

むくみの主な原因としては、

①水分不足
この水不足とは、単純に水を飲むのが日頃から少ないということもあるかもしれませんし、お酒が好きな人はアルコールによる利尿作用が働いて、水分が不足している場合もあります。

また、塩分の摂り過ぎもむくみの要因となります。人間の体内は塩分濃度を一定にしようとする作用があるのですが、塩分を摂り過ぎると塩分濃度のバランスが崩れ、水分を溜め込もうとします。

その結果、むくみが発生するというわけです。

②筋肉の動きが悪い
筋肉はリンパの流れをつくるいわゆるポンプの役割です。

そのポンプの力が弱かったら、当然流れるリンパも流れません。ですから、水分やムダな老廃物が溜まっていってしまうわけですね。

③カリウムの不足
カリウムは塩分に含まれるナトリウムを排出する役割があります。

そして、そのカリウムが不足すると、塩分濃度の調整が上手くいかず血管から水分が出ていってしまいます。その結果、むくみにつながるというわけです。

むくみを解消する方法としては、水分をしっかりとるということ。水分は1.5L摂れればベストです。1.5Lは、脳へもしっかりと水分を回してボケ防止をするという意味でもおすすめです。

そして、カリウムの補給のためにナッツ類を食べることをおすすめします。ナッツは祖先が昔から食べてきたメニューで、遺伝子もそれを自然と受け入れるようになっているため、健康や頭にもいいです。

そして、顔のマッサージも行いましょう。マッサージを行うことで、弱まったポンプの力を意図的に作り出してやります。

具体的なやり方をコチラの動画を見るとわかりやすいです。

筋肉の衰え解消

弱まったポンプの役割を顔の筋トレで復活させましょう。

男の顔ダイエットまとめ

男の顔ダイエットについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが、正しく食べる、運動する、寝ることを実施する。そして、それと並行して部分的に顔のダイエットを行うです。

一度に色々なことを同時にできない場合は、まずは正しく食べることだけでも実践することをおすすめします。実体験で効果があることを確認済みです。

”食事制限だけで63→56kgの減量成功して人生が好転した話”はコチラ↓
【体験談】ある男のダイエット!食事制限のみで痩せた方法とは?

以上、男のダイエットこそまず顔からやるべき理由とは?でした。