【簡単】ダイエットでモチベーションを維持するための7つのコツ

ダイエット成功習慣

正直、ダイエットのモチベーションが全然維持できません・・・

ダイエット成功者って一体どんな工夫をしてたんだろう?

基本、ダイエットってすぐに結果が出ないから長期戦となります。

長期戦になる理由は、ダイエットは今の状態から体を変化させようとするわけですが、何とか今の状態を維持しようする、いわゆる停滞期がその活動を邪魔してくるからです。

一方、その停滞期をすっ飛ばして短期で集中的に実施するダイエットも中にはありますが、往々にしてダイエット後に拒食症やリバウンドを伴うリスクを含んだ健康と引き換えのダイエットとなっているため、おすすめできません。

そうなると、長期戦前提でいかにモチベーションを維持しながらダイエットを継続するかがポイントになってきます。

そこで今回、ダイエット成功のためのモチベーションアップとそれを維持していく方法について紹介していきます。

しっかり隅々まで読み込んでいただければ、あなたはモチベーションコントロールの使い手になれるはずです。

*本記事の内容

・ダイエットでモチベーションを維持するための7つのコツ

スポンサーリンク

ダイエットでモチベーションを維持するための7つのコツ

ダイエットに限らず、あらゆることを成功に導いている成功者達は、モチベーションのコントロールが上手です。

ですから、成功者が実践しているモチベーションアップと維持する方法について学べば、ダイエット成功へと限りなく近づくわけです。

ダイエット成功者は、モチベーションアップのために難しいことをやっているだろうと思うかもしれませんが、結論から言うと、実は意外と簡単で誰でも実践可能です。

では、その方法について見ていきましょう。

ダイエット後の行動をまず決める

まず、ダイエットに成功したら何をするかを決めてしまいましょう。

なぜ、未来の成功した自分を先にイメージする必要があるかというと、イメージを頭の中に刷り込むことによって、人間は無意識にそうなるように行動するからです。

ですから、事あるごとにどうなりたいかをイメージすることによって、イメージをより強固にし、行動力はもちろんのこと、忍耐力までも身に付けることができるのです。

”ちょっと太ってきたから何となく痩せたい” だと長続きしません。

なぜなら、脳は目標が不明確なものに対しては重要だと捉えないからです。

具体的に、『夏に海外で素敵な水着を着て楽しむ!』、『結婚式で綺麗に見えるウェディングドレスを着る!』等、いつまでに何をどうするといったことを明確にしましょう。

また、より自分を追い込むために、ダイエット成功前に予め成功後に必要になるであろう物を用意しておくことも効果的です。

高い目標を立てない

次に目標を立てましょう。目標を立てるにあたって注意点があります。

それは、決してテンションが高い時に目標を立てないこと。

過去目標を立てて失敗した時のことを思い返してみてください。

たいてい目標を立てる時ってやる気がみなぎっていて、テンションが高い時ではないですか?

そういう時に立てた目標は、大抵達成できない背伸びした目標になりがちです。

その目標の中でダイエットを始めると、あまりにも目標と現状の差が埋まる気配を見せないので、ショックを受けてダイエットを止めてしまいます。

人は自分の能力を過大評価し過ぎる傾向にあります。ですから、ちょっと簡単かなと思うくらいの目標で丁度いいんです。

まずは、続けることが一番大事ですから、楽にいきましょう。

目標を細かく区切る

ダイエットは長期戦で、例えるなら、マラソンのようなものです。

大きな最終目標に対して、中継地点となるような休憩地点がないと正直しんどいです。

休憩地点は中間目標です。予め中間目標を設定しておき、目標を達成していれば満足感を得られるし、目標達成していなければ方向性を微修正するなど、答え合わせができるのです。

最終目標に対して、何もない中をひたすら走るというのは、不安に打ち勝てるような強い精神力の持ち主か、何も考えていない人のどちらしかいないはずです。

ですから、中間目標とはいわず、さらに細かく分けた中間の中間を複数設けるなど、モチベーションを高める、維持するためには、細かく刻むことが有効なのです。

ご褒美を用意する

目標を達成したら、ご褒美を自分に与えるといった設定も効果的です。

人間ムチばっかりだとやっぱり苦しいですよ。アメも適度に織り交ぜながら、進めていくことがモチベーションを低下させないポイントです。

中間目標ごとに、ご褒美を設定することは大いにアリです。ただ、ご褒美に食べ物はやめておいた方がいいかも。

あくまでストレス発散は、食とは無関係なライブに行く、映画にいく等がよいでしょう。

食ですと、一旦リミッターが外れると、なし崩し的にもう食べまくってもいいかとなっちゃうから。

現状の姿を見える化する

まず自分の現在の姿を写真に撮って、見える所に貼り付けましょう。そして、ダイエットに辛くなった時はそれを見ることです。

酷い姿の自分を見ることで、「変わらないといけない!」という思いを湧き起こし、諦めかけていた自分に今一度ムチを打つためのいわゆるショック療法の一つです。

誰もが過去の酷かった時の自分を見たくもありません。しかし、過去の自分に素直に向き合うことで、今やるべきことを再び湧き起こすのです。

部屋の至るところに鏡を置くという方法も効果的です。

写真も鏡も自分を客観的に捉える方法の一つでしかありません。別に、信頼のおける人に見て貰って冷静に意見を言ってもらうことでもいいわけです。

要は、現状を踏まえて何をすべきかという改善に必要なステップを行う上で、題材となるようなネタを考えられればいいわけです。

変化をつける

人が習慣を身に付けるためには、ある程度の日数の繰り返しが必要です。

習慣化するためには、これまで21日間必要と言われてきましたが、実は21日というのは簡単なレベルのことまでしかできません。

一方、ダイエットのような複雑なものに関しては、66日間の継続でもって習慣化が成功するとのロンドン大学の研究があります。

習慣化さえできてしまえば、モチベーションに左右されることなくダイエットを続けることができるのですが、それまでの間はどうするかというと、変化をつけて飽きを抑えることがモチベーション維持のポイントです。

いつものダイエットにちょっとアレンジを加えてみるのがよいです。

例えば、食事の時間を変える、ウォーキングのコースを変える等です。

誘惑を絶つ

驚くべきことに肥満は伝染するそうです。

ハーバード大学の研究によると、肥満の友人がいると、2~4年以内に自分自身も肥満になる確率は57~171%も増加するとのこと。

その理由は、たくさん食べている人を見ると食欲中枢が刺激されて自らも食べてしまうから。

友人だけでなく、兄弟からも影響を受けるようで、対策としては、メニューを自分で決めるか、最悪食事を別で摂ることも考えなければなりません。

ダイエットでモチベーションを維持するための7つのコツまとめ

7つのコツを紹介してきましたが、1つ1つを見れば誰でもできることでしたよね。

一気に7つ全部やれとは言いません。この中でできることから取り組んでいけばいいのです。

まず1つやってみる。それが継続できれば自信になって、もう1つやってみようという気に勝手になりますよ。

ここまで読み込めた忍耐強いあなたですから、1つぐらいやることなんて余裕なはずです。

成功者と失敗者の分かれ目は、面倒臭がらずにやるかどうかだけの違いです。

あなたの新しい変化が今日から始まります。

それでは、ダイエットでモチベーションを維持するための7つのコツでした。

”ダイエットで人生が好転したおすすめの話”はコチラ↓