ダイエット食材:ダイエット以外のメリットもたくさん!?・・・その食材は魚缶

ダイエット食材

「家事や仕事で疲れ切って、料理を作る気力も出ない・・・」

そのような人多いのではないでしょうか?

そんなあなたに向けて、簡単に料理に使えて、ダイエット以外のメリットもたくさんあるダイエット食材をご紹介します。

 

それは、魚缶です。

 

*本記事の内容

・なぜ魚缶がよいのか?
・魚を食べるメリット

スポンサーリンク

なぜ魚缶がよいのか

缶詰をおすすめするには理由があります。それは、製法にあります。缶詰にまず魚を生のままで詰めて、空気を抜きながら蓋で密閉します。その後、100℃以上の温度で時間を掛けて調理及び殺菌します。そういう訳で・・・

栄養分が流出しない

DHA、EPAは油や水に溶けやすく、調理法によっては失われてしまいます。また、光や酸素によって酸化して壊れてしまう性質があります。また、光や酸素によって酸化して壊れてしまう性質があります。よって、通常の調理過程で栄養分が溶け出した魚を実は食べており、効果が十分享受できていない場合があります。一方で、缶は閉ざされた空間で調理しているので栄養分が逃げようがありません。汁に栄養が詰まっているので、ぜひ活用しましょう。

保存料未使用

真空かつ熱で殺菌しているため、保存料を使用する必要がなく健康的です。また、殺菌を終わった後は、すぐに水で冷却するため、品質の変化はありません。

保存期間が長い

保存期間も数年と非常に長いです。災害用にストックしておいてもいいかもしれません。

ダイエット食材としては非常に扱いやすく、メリットも多いですね。

なお、缶詰の種類としてはサバの水煮缶がおすすめです。手頃な値段でEPA、DHAを豊富に接種できます。味噌煮缶は砂糖が多く含まれているため、あまりおすすめできません。

Point

魚を食べた時のメリット

先日の記事にて、青魚の油に多く含まれるn-3系脂肪酸の1種であるEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は主に脳の神経に作用し、一説では『心を安定させる効果がある』と書きましたが、

実はそれ以外にも嬉しい効果が5つあります。

やせホルモン ”GLP-1” が増加

魚を食べるとやせホルモンの”GLP-1”という消化管ホルモンがアップします。GLP-1の効果としては、大きく3つあります。

①脳に働きかけて食欲コントロール
②胃から食べ物が排出される時間を遅くして血糖値の上昇を緩やかに
③血糖値を下げるインスリン、血糖値を上昇させるグルカコンの分泌を抑制

併せて食物繊維をとることで、GLP-1を生成するL細胞がある小腸~大腸を刺激してGLP-1の分泌を促進することができます。ダイエットには打って付けの食材ですね。

血液サラサラ *EPA

血管だけでなく、赤血球もしなやかにして血液サラサラ。そのため血栓ができにくい体となります。

中性脂肪、コレステロールを下げる *EPA

中性脂肪、コレステロールの代謝を司る肝臓の働きを活性化させ、血中脂質をコントロールする働きがあります。

脳の活性化 *DHA

DHAは脳や神経に存在し、母乳に含まれることから、脳が作られる子供にはとくに必要な物質と考えられています。

アレルギー改善 *DHA

DHAで皮膚のかゆみ、湿疹、赤みが緩和された調査結果もあり。

ダイエット以外にもこんなにメリットがあったんですね。

 

以上、ダイエットサポート食材の魚缶についてでした。

[参考元:やせる! 血液サラサラ! サバ缶ダイエット―売り切れ続出! 話題騒然!]

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうござました。m(_ _)m

『興味がある方は是非、本記事と関連するサイトもチェックしてみてくださいね』

◇食事のサポートに
 ・必須脂肪酸GLA&EPAをたっぷり配合!【サイマクG&E】
 ・保育園でも採用されたDHA豊富な【グリーンミルク】