【体験談】キヌアダイエットに光が見えた!おすすめのアイテム紹介

ダイエット食材

”キヌア”・・・それは何とも言い難い音の響きで、一度聞いたら忘れない。

”キヌア”・・・それは私たちに一体何をもたらしてくれるものなのか?

”キヌア”・・・”キヌア”・・・”キヌア”・・・

さぁ~始まりました。いつものダイエットのコーナーです。

今回は、巷で話題のスーパーフードである”キヌア”についてです。

スポンサーリンク

キヌアとは何ぞや?

キヌアはホウレン草と同じ科に属するもので、ヒエやアワと同様の擬似穀物で雑穀に分類されます。

”擬似穀物”という酷い言われようですが、米や麦が主要穀物という位置付けならば仕方ないと済ませてはいけませんね。

その理由は後で説明するとして、キヌアはアンデス原産で、その地域では3,000~4,000年前から栽培されています。最近では、アメリカ、ヨーロッパでキヌアに対する関心が高まり、日本も遅れないよう栽培や利用に関する研究がなされています。

一番最初に注目されたのは1990年代のNASAのレポートでしょう。

NASAは宇宙食に使えないかという視点でキヌアを評価しており、その中で、「1つの食材で、人間に必要な全ての栄養素を補うことは不可能だが、キヌアは何よりそれに近い」と報告されていました。

そして、日本が誇るメディアのNHKの「あさイチ」で2014年に取り上げられてからは、さらに日本国内でブームに火が付きました。

NASAやNHKが取り上げるくらいなので、まさに新時代のスーパーフードといって間違いないでしょうし、今ではコンビニのサラダにも普通にキヌアが入っていることからも社会に浸透しつつあります。

では、ダイエットという視点ではキヌアはどうなのでしょうか?

キヌアダイエットは成立するのか?

まず、以下のデータを見てください。これは、雑穀及び主要穀物100gあたりの栄養価を文部科学省の食品データベース及び米国農務省(USDA)から抽出しまとめたものです。

太字にした部分がダイエットに有利な部分で、他の穀類に比べて圧倒的なことがわかります。

例えば、炭水化物はインスリンをたくさん分泌させて、脂肪を溜め込んでしまう身体となるので、摂るならたんぱく質が多いほうがいいです。まず、その条件を満たしています。

さらに注目すべきは、無機質が多いことです。圧倒的に多いカリウムは、体内の水分量を調整し、むくみはもちろんのこと、代謝を鈍らせる老廃物の排泄をスムーズにすることができます。また、マグネシウムはエネルギー燃焼を助ける基礎代謝があがり、脂肪を燃焼させてくれます。

その他ダイエット以外では、葉酸もたっぷり入っているので妊娠中の方にもおすすめです。

まとめると、「栄養価が高い割りに低GI食材のため血糖値が緩やかに上昇するため、非常に太りにくい食材」です。

キヌアのダイエットの取り入れ方としては、ごはんをまるまるキヌアに置き換えることをおすすめします。そして、量を茶碗7割ぐらいを目安に抑えれば、ゆっくりとですが食事制限だけで痩せていくでしょう。

↓は、上の話と関連する実際に痩せたダイエット体験談です。

ごはんをキヌアにしておけば、きっとダイエットスピードが加速していたことでしょう。

”穀類食べるならキヌアを食せ”と言いたいです。

キヌアの調理方法は?

家庭でキヌアを食する場合、当然調理が必要です。

その調理方法を説明している動画があるので、以下に紹介します。

*手順

①水ですすぐ
キヌアの皮にはサポニンが含まれています。サポニンは苦味やエグみの元ですし、過剰摂取は赤血球の細胞膜を破壊してしまう溶血作用や、善玉コレステロールを分解してしまう作用があります。幸いサポニンは水溶性なので、調理前にしっかり洗うことで除去できます。

②茹でる
別の動画では、沸騰してから15分程と言っていたので、白いヒゲが出てきたのを確認できたら完了と思っていいでしょう。

トータル20分位で調理完了です。

そのまま食べるも良し、サラダに和えるも良し。

キヌアダイエットを手軽にやりたいあなたへ

「調理時間20分も忙し過ぎて時間が取れない」

「調理自体が手間で面倒だ」

というあなたの気持ちは痛い程よくわかります。

夜は日中の家事や仕事から帰ってきてヘトヘトで、食事を食べて、風呂に入って、寝るだけで精一杯。朝は食事や着替えで当然忙しいわけで、趣味の時間を取るなんて論外ですよね。

でも、いつでも食べれるよう予めキヌアが調理されていたらどうでしょう?

ダイエットもやりつつ、趣味の時間を確保してストレスフリーにできるはずです。

そんなアイテムがこちらです。

世界初のキヌア・グラノーラ『クノーラ』

『クノーラ』は、世界初のキヌア・グラノーラです。

クノーラ

クノーラを開発したのは、ロンドン出身の一流モデルダニエル・コッパーマンで、炭水化物や砂糖・添加物が入っていない“理想の朝ごはん”を求めて彼女自ら栄養士の資格を取り開発しました。

イギリス本国では、上質な食品および飲料のための世界最大級かつ最も信頼される賞といわれる「食のオスカー」グレート・テイスト・アワードを受賞しています。約200名の一流シェフや料理研究家が「本当に美味しいものを選ぶ」という趣旨の元審査をした結果なので、安心です。

上記のように、製品のバックグランドも凄いのですが、私はやはり自然食材100%でスーパーフード5つの組合せというところがいいなと思いました。

その5つとは、キヌア、チアシード、ココナッツオイル、アーモンド、ヒマラヤピンクソルトです。さらに、無添加、グルテンフリー、グレインフリーという要素も嬉しいです。

そんなクノーラを実際に試した結果

毎朝、スーパーで売っているよくあるグラノーラを時々食べていたのですが、だんだん飽きがきてしまい、今は全く食欲が湧いてきません。

そのような中で、オーガニックのシリアルでもあり、スーパーフードのキヌアを使っている”クノーラ”を見つけてしまったため、思わず買ってしまいました。

そして、到着したクノーラを早速開けてみるとココナッツとバニラの香りがフワッと漂って食欲をそそります。で、早速約50gを皿に盛りつけてみたのが以下です。

キヌアを主軸として、アーモンド、チアシード、細かく砕いたココナッツがバランスよく散らばっているのがわかります。

味は香ばしシンプル

そして、実際に食してみました。

まず、クノーラを口に一口入れるとローストしたキヌアの香ばしさが鼻孔を刺激します。そして、ほんのりとした味が後からやってくる感じです。ムダな味付けをしていない分これはあっさりですね。

人によっては、単品で食べると物足りないという人がいると思うので、ヨーグルトに混ぜるといいかもしれません。因みに、私はヨーグルト混ぜる派になるでしょう。

先程、味はあっさりと簡単に片付けてしまいましたが、再度「何かの味に似てるなぁ~」と色々と考えてみた結果、思い当たる味がありました。

そうです、ナッツ入りクッキーの後味と同じ味でした。

一番の売りは半端ない満腹感

このクノーラを食べて一番凄いと思ったのは、半端ない満腹感です。

これは間違いなくダイエットに効くでしょう。

この写真は50gですが、クノーラの一食の推奨は35gです。で、実際私が食べれたのが15gで手のひらに乗る程度です。

なぜ、思ったより食べれなかったかというと、口の中に入れたキヌアのプチプチを全て噛み潰すのに結構時間が掛かるため、噛む回数が多くなり、推奨の35gに到達できずに満腹感が出てしまったからです。

これは、市販のグラノーラより明らかにダイエットに有利でしょう。また、噛む回数が増えることによる頭の回転も早くなるので、これから一仕事あるという人にもいい朝食になるはずです。

先程紹介した通り、通常炊いたり茹でたりと調理に手間がかかるキヌアですが、クノーラは忙しい朝にも手軽に摂れ、無理なくダイエットを続けることができるのでコレは買いでしょう!

クノーラ

 

以上、キヌアダイエットに光が見えた!おすすめのアイテム紹介でした。