食物繊維でダイエット!食物繊維でダイエットがなぜできる?

ダイエット

「食物繊維はなぜダイエットに必要なの?」

 

そんなあなたの疑問にお答えします。

 

*本記事の内容

・食物繊維でダイエットがなぜできる?
・食物繊維ダイエットに有効な食べ物
・食物繊維ダイエットおすすめサプリ

 

食物繊維はダイエットには欠かせない成分です。

食物繊維の目標量は、1日に男性は20g以上、女性は18g以上ですが、

積極的に摂るべき食材なのに、実は平均14g程度しか摂られていません。

今回は、なぜ食物繊維が大事なのかについて説明していきますね。

スポンサーリンク

食物繊維でダイエットがなぜできる?

食物繊維は、消化酵素では分解することができない成分で、摂取することで

ダイエットに有用な効果としては大きく2つあります。

①ダイエットに有用な腸内細菌を増やす
②便通を整え、肌荒れを改善する

 

①ダイエットに有用な腸内細菌を増やす

最近、プレバイオティクス(体に有益な腸内細菌と密接な関わりをもつ食品成分)が体重に与える影響を調べる研究がありました。

研究では、被験者にプレバイオティクスを投与した結果、有益な細菌が増加が見られたのと投与直後に満腹感があると回答した数が投与前に比べて40%増加しました。この結果から、ダイエットに効果があると期待されています。

食物繊維はそのダイエットに有用な腸内細菌を増やします。

 

②便通を整え、肌荒れを改善する

食物繊維は、便の量を多くすると同時に、柔らかくする効果があります。それにより、便が腸を通過する時間が短くなるので、腸に長い間便がとどまることはありません。

便が長い間とどまると悪玉菌によって腐敗し、有害物質を発生させてしまいます。それが血液に吸収されて体中を巡り、肌荒れを起こすわけです。

食物繊維ダイエットに有効な食べ物

食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。

*不溶性食物繊維

水分を吸収して膨らみます。そして、腸を刺激することで腸の通過時間を短くし、排便を促します。ですから、水は必須です。

多く含む食べ物:きのこ、芋、豆、こんにゃく

*水溶性食物繊維

水に溶けやすく、便をやわらかくする作用があります。その他に、血糖値の急上昇を抑えたり、善玉菌を増やして腸内環境を整える効果があります。

多く含む食べ物:海藻、果物、きのこ

食物繊維の効果はそれだけではありません。少量の食事でも満腹中枢が刺激されやすく、過食を予防するといったメリットもあります。

ダイエットに効果的な食物繊維の摂取順

食物繊維の摂取順

ごはんなどの糖質の前に、ワカメやきのこなどの食物繊維を摂取することで、先に摂取した食物繊維が胃での消化に時間が掛かり、後で摂取した糖質の吸収を遅くします。よって、急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積を抑制します。

不溶性、水溶性食物繊維の摂取順

最初に水溶性を食べ、後から不溶性を摂取すると、便秘になりにくいです。

なお、食物繊維をまとめて摂取すると、逆に便秘の原因になる場合があるので分けて食べた方がよいです。

食物繊維のダイエット以外の効果

心臓疾患のリスク低下

最近の研究報告では、食物繊維の摂取量が7g増えるごとに心臓疾患のリスクが10%下がるとされています。7gは全粒穀物(皮を除去していない穀物)で100g摂取すれば確保できます。

食物繊維ダイエットおすすめサプリ

食材から直接摂取できない人は、以下のサプリから摂取可能です。

低GI食品なら「えん麦のちから」

水溶性と不溶性の比率が1:2のベストバランスで配合されており、牛乳やヨーグルト等に混ぜて飲めるのが楽でいいですね。

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうござました。m(_ _)m